ゼニカルの画像

ゼニカルで痩せやすい料理・ご飯はNG

ゼニカルは、摂取した脂肪の吸収を抑えてくれるダイエット薬です。人間の体が脂肪を栄養素として吸収するためには、吸収できるサイズにする脂肪分解酵素リパーゼが働きかける必要があります。
ゼニカルの有効成分は、このリパーゼの働きを抑えることで脂肪が体に吸収できるサイズに分解されるのを邪魔します。すると消化不良の状態になり、本来ならば腸管から吸収されるはずの脂肪が素通りして便と一緒に排泄されます。
ゼニカルは脂肪分解を防ぐことで効いているわけですから、糖質やたんぱく質の吸収に対しては影響を与えません。あくまでも脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害する働きしかありません。
なので、ご飯中心の料理はゼニカルで痩せたい人には不向きです。カツ丼などご飯半分、カツ半分の料理であれば、カツの分は脂肪分が多いのでその分のカロリーを抑えることができますが、ご飯のカロリーはそのまま全て吸収されます。
ご飯、パン、麺類でも、糖質がメインのものを食べた場合にはカロリーを抑えることができません。
ゼニカルを使って痩せたいならば、脂肪分とたんぱく質が多い料理が向いています。たんぱく質のカロリーはそのまま吸収されるので、摂りすぎは考えものですが、日本人のたんぱく質摂取量はむしろ不足気味と言われているので、これに関してはあまり問題ありません。
ステーキ、フライドチキン、脂身の多い刺身、などはダイエットには不向きな食べ物と言われますが、ゼニカルでは脂質のカロリーが摂取したうちの30%抑えられるので、我慢せずに食べることができます。
100%カロリーをカットしてくれるわけではありませんが、ダイエット中では食べられない料理も手をつけやすいというメリットがあります。